真夏のデザインフェスタ2018 出展者紹介

デザインフェスタ 出展者紹介

パンティグラスをつくるひと

ジャンル 工芸
出展日 両日
ブースNo. E-123
アーティスト情報 1982生。東京都出身。青山学院大学(05卒)題材として「パンティ」に関心を持つ。軽音サークル所属。氏初の楽曲、パンティの歌「パンティパラダイス」発表。東京国際ガラス学院(07卒)氏の代名詞「パンティグラス」制作開始。卒制展で発表。氏の在学中、学院内で「パンティ」が日常用語と化す。以後、氏の行く先々で「パンティ」が日常用語と化していく。エズラグラススタジオ研修生(07-09)パンティ体操考案。白神ガラス工房(09-12)パンティ柄出しに多用している手法習得。飛躍的にパンティの種類が増加。帰京(12-現在)後、「春のパンティグラスまつり」等、ギャラリー、バーでの個展を中心に活動。おうし座。
作品について パンティグラスは、名は体を表す通りに「パンティをはいたデザインのグラス」で御座います(以下略称パンティ)。お飲みものをパンティの中に注ぎ、お飲みもののお色をお肌のお色に見立ててお楽しみ頂ける「お客様の手で完成する」逸品で御座います。そのファンシーな形、イメージとは裏腹に、多くの手間、時間、技術、そして夢がパンティの中には詰め込まれて御座います。石井氏が初めてはかせてから13年目になる歴史と信頼と実績のあるパンティでございます。どうぞ何卒御贔屓頂きますようお願い申し上げます。
URL http://p-glass-y141.jugem.jp/
SNS
閉じる