デザインフェスタvol.52に関するFAQ

ブース配置について

Q. MAPのように密集しているブース配置で、ソーシャルディスタンスは取れるのですか?

Q. ブース間が密集しているように見えますが、何か対策はとっていないのですか?

A. デザインフェスタVol.52のブース配置につきましてですが、
ご懸念の通り 前回(Vol.51)の振替でのご出展者様が多数いらっしゃるため、今まで開催されてきた通りブース間は隣接しております。
ブース間の隣接・空間が取れない件つきましては、東京都・会場の東京ビッグサイト・弊社顧問の医師ともに相談させていただいておりますが、
 ●全ブース間(約3500スペース分)のパーテーション(仕切り)はご用意できない
 ●振替の出展者様の数と会場内の消防用動線の関係もあり、ブース間に空間の確保ができない
 ●医師の観点から、ブース間にビニールパーテーション等の仕切りは、感染防止対策としては意味がなく、マスクの徹底を指導されている
 (開催当日は、医師・看護師が常駐いたします)※当日常駐する医師のプロフィールはこちら

大変申し訳ございませんが、Vol.52ではご出展者様自身で十分な感染症対策を行っていただくしかないのが現状でございます。
隣接ブース間の距離確保が実現できませんでしたことを深くお詫び申し上げます。

今回、ブース間の仕切り対策は各出展者様でご対策下さいますようお願い申し上げます。
尚、 仕切り(パーテーション)の設置は義務化されておりませんので、各出展者様のご判断にお任せしております。
ブース内のレイアウトはご自由にしていただいて構いません。

「卓上飛沫ブロッカー(透明のビニール・組み立て式)」を事前販売しております。
https://www.sagawa-mov.co.jp/bpn/input/25
数に限りがございますので、設置をお考えの方はできる限りお早目のご購入を推奨いたします。

ブース内の仕切り(ビニールカーテン等)を個人でご用意する場合について

Q. ビニールシートでブースの間を仕切りたいですが、防炎製品じゃないといけないのですか?

Q. 防炎素材のものでも、防炎・耐火ラベルがついてない場合は使用できないのですか?

Q. レンタル備品に、ビニールカーテン等仕切りの販売はしてくれませんか?

A. 今回のコロナ対策で出展者様が各自ご用意される仕切り(アクリルやビニールなどのパーテーション)に関しては、
什器の扱い同様に、防炎の配慮をお願い致します。(案内手紙 P.3/P.8 参照)
 ※市販品の物であれば(紙製品以外)制限はございません。ご自由にお持ち込みください。
 ※手作りの場合は、防炎の素材での作成をお願いいたします。(案内手紙 P.3 参照)
 防炎ラベルの表示義務はございませんが、防炎の素材であることが証明できるものをご用意ください。
 当日消防の見回りの際に、指導が入った際はその指示内容に従っていただきます。

今回、レンタル備品ではパーテーション等のお取り扱いはございません。
ご自身で設置されるパーテーションにつきましては「卓上飛沫ブロッカー(透明のビニール・組み立て式)」の事前販売を行います。
設置のお考えの方は下記サイトより、事前のお申込みをお願いいたします。
https://www.sagawa-mov.co.jp/bpn/input/25
数に限りがございますので、設置をお考えの方はできる限りお早目のご購入を推奨いたします。

アルコール消毒液の持ち込みについて

Q. 火器消防申請の絡みで「アルコール(アルコール含有量60%以上)」のものは申請が必要と記載がありましたが、「エタノール60%」のものは大丈夫ですか?

Q. 出展者用案内手紙・イベントフライヤーに、「持ち込める消毒液は60パーセント以下です」と記載がありますが、手指用の消毒液も同じ扱いですか?

A. 今までは、東京火災予防条例に基づき消毒用のアルコール消毒液も「アルコール含有量60パーセント以下」は
持ち込み禁止のご案内をしておりましたが、(エタノール=アルコールとご認識下さい)
東京消防庁より、令和2年9月1日付で火災予防条例第23条運用に関する要綱の一部を改正する旨の通知がごございました。
主な変更点は以下の通りとなります。

<変更点>

・危険物品の持ち込みに含まない行為として、日常の手指消毒用に第4類アルコール類の危険物
(最大容量が500ml以下の容器に収納するものに限る。)を使用する行為を加えたこと。

<注意点>

・容器の数に制限はございませんが、500ml以下の容器に収納するものに限ります。
・容器に容量、成分等が記載されており、ブース内の目に見える位置に消毒液(アルコール類)を配置すること。
・会場内にて消毒液(アルコール類)の詰め替え行為及び、詰め替え用ボトルの展示ホール内への持ち込みは禁止いたします。

上記の旨ご確認いただき、手指消毒用製品につきましては本改訂に従ってお持ち込みください。
但し、当日消防の見回りの際に、指導が入った際はその指示内容に従っていただきます。
※この火災予防条例が改訂された内容につきましては、10月13日送付の「ご出展様向けNEWS」にて発表しております。

開催する際の人数制限について

Q. 開催する際の人数制限で、お客様が入れる余裕はあるのでしょうか?出展者だけで人数がいっぱいでは無いのですか?

A. 東京ビッグサイトが定めた、西館全体での「イベント開催制限期間中の」最大収容者数は20,000人となっております。
今回、出展者様・運営スタッフの人数は、概算で7,500人~8,000人の見込みです。
当日は、最大収容者数の20,000人を超えないよう、搬入口・入場口で人数のカウントをさせていただき、西館ホール全体で人数の制限を行います。

Q. 今後、もし都内での感染者が急増した場合、イベント開催中止になることはないのですか?

A. 今後、再度「緊急事態宣言」が発令され、会場の東京ビッグサイトが閉鎖、もしくは最大収容者数が大幅に減ることがない限り
デザインフェスタVol.52イベント中止の予定はございません。また、開催/中止を決定・公表する指定日というものは設けておりません。

※人数制限の詳細につきましては、弊社HPでご案内しております下記対応指針をご確認ください。
「デザインフェスタ Vol.52」新型コロナウイルス(COVID-19)感染防止のための対応指針
㈱東京ビッグサイト 展示会等におかえる新型コロナウイルス感染防止のための対応指針

出展辞退(キャンセル)について

Q. コロナがまん延しないかとても不安な情勢の中、自己防衛のために出展辞退をした場合でも返金はないのですか?

A. デザインフェスタVol.52は、先日HPに開催宣言を掲載させていただいた通り、現時点では出来る限り安全面に配慮し開催に向けての準備を進めております。
そのため、お申込み時の規約にもございます通り、お客様都合によるキャンセルとなり、出展料のご返金対応はいたしかねます。

Q. 辞退したい場合はいつまでに連絡したらいいですか?

A.ご出展のキャンセル・辞退のご連絡につきましての期限は設けておりません。情勢は日々変動しておりますので参加・不参加のご判断は皆様にお任せしております。
また当日ご欠席(ご連絡なし)される場合も、次回抽選時のペナルティなどは設けておりません。
特に今回はコロナ禍の情勢でもあり、次回参加に不利になることはございませんのでご安心ください。

次回・デザインフェスタVol.53の開催について

Q. 今回、コロナが怖いので次の出展に振り替えてほしいです。

A. デザインフェスタVol.52は、先日HPに開催宣言を掲載させていただいた通り、現時点では出来る限り安全面に配慮し開催に向けての準備を進めております。
そのため、お申込み時の規約にもございます通り、お客様都合によるキャンセルとなり、出展料のご返金・振替のご対応はいたしかねます。
(前回Vol.51の際は、開催自体が中止となったため、ご返金又は振替のご対応をさせていただきました)

Q. 次回来年春の申し込みはいつ頃ですか?

A. 次回Vol.53につきましては、オリンピックが延期となった関係で会場の確保が未定となっており、開催日・会場ともまだ詳細が決まっておりません。
開催日程が決まり次第、デザインフェスタ公式HPやSNS等でお知らせ致しますので、発表まで今しばらくお待ちください。

混雑の際の対応について

Q. 混雑すると三密のおそれはないでしょうか?対応策を教えてください

A.イベント当日は、入場口など待機列ができる可能性のある場所には、人員を配置して、間隔をあけた列整理をいたします。
また、ホール内で混雑が見受けられたブースやエリアがある場合は、その都度巡回スタッフや会場アナウンスにて、移動や時間差観覧などのお願いをさせていただきます。
ご来場人数につきましては、会場である東京ビッグサイトが定めた、上限人数(最大収容者数・西館全体20,000人)内に収まるよう、
全ての出入り口で人数をカウントいたします。三密回避につきましては、ご出展者様・ご来場者様ご自身におかれましてもご協力をお願いいたします。

出展キャンセルの数・ブース数の状況について

Q. ブースのキャンセル数状況・自分のブース周辺で前後・左右に空きが出たかどうか知りたいです。

もし、両隣や近隣が辞退者などでブース周りが閑散とするようなら、ブース配置間に空間を設けたり、小規模に収めたりはしないのですか?

A. キャンセルのご連絡を、全ての出展者様から頂いているわけではございません。
当日欠席という形で、ギリギリまで参加・不参加を決めかね情勢を見ている方が多数いらっしゃるため、当日にならないと実際のブースの空きがどうなるかわからない状況です。
キャンセル数自体が日々変動しているため、確実な数やご自身のブースの前後の空き状況をお答えすることはできません。
なお、ブースの配置や規模については、申込時の抽選の段階で確定しているため、今の段階で大幅な変更をすることはできません。